新聞配達のアルバイトは早寝早起きが原則で、朝と夕方にアルバイトをして夜20時頃には仮眠するとになります。

アルバイトの王道 新聞配達業務が知りたい

新聞配達のアルバイトは早寝早起きが原則

新聞配達のアルバイトは楽にそうに見えて厳しいアルバイトです。
それは常に早寝早起きが原則だからです。
新聞は朝刊と夕刊に別れて午前と午後に分けて新聞を購読している家庭に配られます。
その朝刊を配る時間は朝早く午前3時から4時あたりに配る必要があります。
朝早めに起きると玄関のドアにガタンと新聞がポストに入れられる音を耳にする経験があると思います。
その時の時間帯はまだ夜と認識出来るほど朝早い真っ暗な時間帯です。
実際に新聞配達のアルバイトを行うなら、朝刊を配布するために午前2時あたりから起きることになります。
寝坊しないように目覚まし時計を最低でも1つは家に置いておきます。
そして眠気覚ましに顔を洗って少し早めの朝食を取ります。
そして準備が整ったら配る新聞が置かれている新聞店まで行きます。


新聞店で配布する新聞をもらったら原動付き自転車または普通の自転車を用いて新聞配達が開始されます。
もし寝坊して遅刻をすれば新聞を待っているお客さんを待たせる結果になりますので、寝坊と遅刻は厳禁です。
時間通りに全てを配り終えたら午前のアルバイトは終了です。
次の午後の夕刊を配ることに備えます。
夕刊は夕方の16時から17時あたりまでに平均的に配られます。
朝の時と同じように準備をして夕刊を配りに行きます。
朝刊の時と比べると若干楽です。
新聞配達が予定通り終われその日のアルバイトは終了です。
また明日も新聞配達のアルバイトがあれば睡眠を早く取ることです。
少なくとも20時頃には仮眠を早く取ればその分早起きすることが出来ます。

おすすめ情報